聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

十字架と復活(イエスに出会った女性たち)

      2015/05/02

スポンサーリンク

11-1 十字架と復活
・イエスに出会った女性たち
2015年4月5日 マルコの福音書15:1~16:8

今回から、新しい単元に入り、イエス様に出会った女性たちのお話をします。
そして、今日は、イースターですので、復活のお話をします。

イースターのお話は聞いたことはありますか?
イースターとは、日本語では復活祭といい、イエス様の復活をお祝いする日のことです。
なぜ、2000年もの前に復活したイエス様のことをお祝いするのでしょうか?
私達にどんな関わりがあるのでしょうか?

イエス様は、何も悪いことをしていないのに、捕まって、裁判をウケることになりました。

イエス様のことを妬んでいたユダヤ人の指導者たちが、多くの人をを導いて何も悪いことをしていない
罪のないイエス様を十字架につけて殺すことにしたのです。

こうして、イエス様は、十字架にかけられて死んでしまいました。
この様子をイエス様を信じてずっと従ってきた女性たちは、見守っていました。
そして、アリマタヤのヨセフという人によって、イエス様はお墓に入れられて、
大きな石で塞がれました。

3日目の朝に女性たちは、イエス様に良い香りのする香油という脂を塗ろうと、
イエス様が埋葬されているお墓のところに行きました。

すると、どうしたことでしょうか!!
大きな岩で風をしてあるはずのお墓の石が横に転がっていてお墓が合いています。

恐る恐るお墓の中に入ってみると、
イエス様の身体がどこにも見当たりません。

そして、御使が女性たちに語りかけました。
「イエス様はここにはいません。よみがえりました。このことをペテロやお弟子さんたちに伝えなさい」と言いました。
女性たちは、こわっくなって震えながら帰って行きました。

女性たちは、暫くの間は驚きのあまり気が動転していたようですが、
その後、お弟子さんたちにこのことを伝えました。
イエス様は、私達の罪の身代わりとして、十字架にかかって死んでくださいました。
そして、復活されて、今も生きてオラれます。このことを信じることができるといいですね。

 - マルコの福音書 , ,

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
嵐を鎮める

8-4 嵐を鎮める 2012/02/26 マルコの福音書4:35-41 夕方まで …

no image
ヤコブとヨハネ

24-4 ヤコブとヨハネ イエスと弟子たち 2016年9月18日 ルカ9:51~ …

no image
仕える人に

15-3 仕えるに 2013/01/20  マルコ10:32-45 マ …

no image
生き返った娘

8-5 生き返った娘 2012/03/04 マルコの福音書5:21-43 先週の …