聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

最初の弟子たち

   

スポンサーリンク

7-4 最初の弟子たち
2012/01/22 ヨハネの福音書1:35?51

前回のお話を覚えていますか?
前回はイエス様の荒野での断食と悪魔の誘惑のお話でした。サタンの誘惑にイエス様は聖書のお言葉によって打ち勝つことができたというお話でした。

その前のお話は覚えていますか?イエス様がバプテスマのヨハネからバプテスマを受けたというお話でした。

今日ははじめの弟子たちというお話です。

バプテスマのヨハネが二人の弟子のアンデレとヨハネの福音書を書いたヨハネと一緒にいるときでした。遠くのほうにイエス様が通りかかるのをバプテスマのヨハネが見つけて弟子たちにイエス様のことを「神の子羊」とイエス様は救い主であることを弟子に紹介しました。するとアンデレとヨハネはイエス様についていき、「先生。どちらに泊まっているのですか?」と聞くと
イエス様は、「来なさい。」といわれて、付いていきました。
翌日、アンデレは兄弟であるペテロに私はキリストに会ったといい、ペテロをイエス様のところへ連れて行きました。
そしてペテロもイエス様の弟子になりました。

翌日イエス様はガリラヤへ向かわれました。その途中でピリポに出会い、私についてきなさいといい、ピリポはイエス様に従いました。

ピリポは友人のナタナエルという人に【私は旧約聖書から約束されているキリストにあった。ナザレのイエスという人です」というと、
ナタナエルは、「ナザレから何の良いものが出るか。」と信じませんでした。でもピリポはナタナエルをイエス様に合わせました。

するとイエス様はピリポがナタナエルを呼ぶ前からイエス様は、ナタナエルのことを知っていることを知り、ナタナエルもイエス様のことをキリストだと信じました。

アンデレさんは、兄弟に。ピリポさんは、友人にイエス様のことを伝えるお話を見てきました。

私たちもまだイエス様のことを知らない家族や友人の人たちにイエス様のことを知らせることができたらすばらしいなと思いました。

 

 - 地上を歩まれた神の子

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
五千人の給食

8-6 五千人の給食2012/03/11 ヨハネの福音書6:1-14 前回のお話 …

no image
カナの結婚式

7-5 カナの結婚式2012/01/29 ヨハネの福音書2:1-11 前回は最初 …

no image
イエス様のバプテスマ

2 イエス様のバプテスマ12/01/08 マタイ3:1-6、13-17 今日はイ …

no image
荒野の誘惑(悪魔に勝ったイエス様)

7-3 荒野の誘惑(悪魔に勝ったイエス様)マタイ4:1-11 2012/01/1 …