聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

羊飼い

   

スポンサーリンク

羊飼い
ルカ2:8?20 子供キャンドルサービス

こんばんは。
今日は子供キャンドルサービスです。クリスマスはどんな日なのでしょうか?
イエス様の誕生をお祝いする日です。では、何故何千年も前にお生まれになったイエス様を世界中のみんなが今もお祝いしているのでしょうか?

マリアという助成は結婚前に神様のお力により赤ちゃんができました。そしてヨセフと結婚しました。そこに生まれてきたのがイエス様です。
ヨセフとマリアや王様の命令で住民登録のためにヨセフの生まれ子興味帰る途中でした。泊まる場所がなかったので、家畜小屋を借りることにしました。そこで生まれたのがイエス様でした。

そのころベツレヘムから少し離れた野原に羊飼いたちがいました。
羊飼いたちは羊たちが安心して暮らせるように朝も昼もなく一日中羊の世話をし夜には狼や熊などに羊が襲われないように守るのが仕事でした。

当時羊は、神殿での神様への尾ささげ物に使ったり、また食べたり、毛皮として使ったりとっても大切なものでした。
しかし、羊飼いはというと、
昼も夜もなく羊のお世話をしなければならなかったので、神殿での礼拝もできませんでしたし、お給料もそう高くはありませんでした。ナノで、ユダヤの社会からはのけ者にされるような惨めな低い立場にありました。

羊飼いがいつものように夜焚き火をしながら羊が危険な目にあわないか守っていると、いきなり空が明るくなり天使が現れました。

天使は、
「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。」(ルカ2:10-12)といいました。
すると大勢の天使が現れて天使たちが神様をほめたたえる賛美をしました。

天使たちの賛美が終わると再び当たりはいつもどおりシーンと暗くなりました。羊飼いたちは互いに、天使たちの話を思い出し、話し合いました。そしてベツレヘムに行くことにしました。

ベツレヘムで飼い葉おけに寝ている子供を羊飼いたちは一生懸命に捜しました。すると、天子の言ったとおりに家畜小屋で飼い葉おけに寝かされている赤ちゃんを見つけることができました。

羊飼いたちはこの赤ちゃんを礼拝し、天子の言ったkとが本当だったので、神様をほめたたえました。そしていろんな人にこのことを知らせ元のところへ返っていきました。

イエス様は神様が人間になられたお方です。宮殿や神殿で大勢の人にお祝いされながら生まれてくるのが当然なお方でした。しかし何故馬小屋で生まれたのでしょうか・
それは、一番貧しく惨めな思いをしている羊飼いでもイエス様にお会いすることができるためでした。

私達が生きていく中でとっても寂しい思いをしたり、惨めな思いになったり、苦しかったり悲しかったりする時でも誰も自分の気持を判ってくれないって思う必要はありません。
イエス様がへりくだってくださり、私たちのところへイエス様のほうから近づいてきてくださるのです。

神様であられるイエス様がヒットとなって私たちのもとへ降りてきてくださったことを感謝するクリスマスになればいいなって思いました。

 - クリスマス

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
博士たちの礼拝

22-5 博士たちの礼拝 12月30日 マタイ2:1?12  アドベントの期間、 …

no image
マリアとヨセフ

6-2 マリアとヨセフルカ1:26?38 マタイ1:18?25 先週からアドベン …

no image
救い主お生まれの約束

1 救い主お生まれの約束11/27 イザヤ9:1?7 ミカ5:2 先週まではヨセ …

no image
イエス様のお生まれ

3-イエス様のお生まれルカ2:1?7 2011年12月11日 先週のお話はマリヤ …

no image
マリヤとヨセフへのお知らせ

6-2 マリヤとヨセフへのお知らせ  12月7日 ルカ1:26-38 マタイ1: …

no image
東方の博士たちの礼拝

東方の博士たちの礼拝12/25  前回は羊飼いたちが天使から救い主が生まれたこと …

no image
救い主の誕生

22-4 救い主の誕生 2013/12/22 世界の救い主 ルカ2:1-7、ヨハ …