聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

東方の博士たちの礼拝

   

スポンサーリンク

東方の博士たちの礼拝
12/25 

前回は羊飼いたちが天使から救い主が生まれたことを知らされ、赤ちゃんのイエス様の元に馬小屋へ訪ねてきたという話でした。

今回は博士たちのお話です。このお話もクリスマスの時には多く語られるお話なので、知っていることも多いと思います。

学者たちは、占星術の学者たちでした。アル星が現れるときに救い主が現れることを聞いていたのでしょうか。そして、東の国から学者たちがユダヤにやってきました。

ユダヤの王様ヘロデに
「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおいでになりますか。私たちは、東のほうでその方の星を見たので、拝みにまいりました。」(マタ2:2)と聞きました。

それを聞いてヘロデは今の王様の地位を救い主に脅かされるのでは中と不安になりましたし、エルサレム中の人々も世情が不安定になるのではないかと不安になりました。

ヘロデは、国中の律法学者や祭司長などを集めてキリストはどこで生まれるかと探させました。

学者はヘロデ王に
『ユダの地、ベツレヘム。あなたはユダを治める者たちの中で、決して一番小さくはない。わたしの民イスラエルを治める支配者が、あなたから出るのだから。』(2:6)とキリストはベツレヘムでお生まれになることを教えました。

ヘロデ王は東方の学者たちをひそかに呼び寄せて星の出現の時間を聞き、キリストを見つけたら拝みたいので教えて欲しいといい、ベツレヘムに送り出しました。

東方の博士たちが出かけると、東方で見た星が現れて博士たちをキリストの下まで導きました。そして、幼子のイエス様を礼拝し黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげました。当時このささげものはプレゼントとしては考えられないほど最高のものだったようです。

そして博士たちは夢で「ヘロデのところに戻ってはいけないと」お告げがあり、ヘロデのところには戻らず別のところから帰って行きました。

この場面には、いくつかの立場の人たちが出てきます。
a.東方の学者たち
b.ヘロデ王
c.エルサレムの人たち
d.律法学者・祭司長
あなたは殿立場の人になりたいですか?

ヘロデ王は、自分のい尼までやりたいことができた王様という地位から引き摺り下ろされるのが嫌でした。
エルサレムの人たちも、自分の暮らしに変化が起きるのを恐れました。
律法学者や、祭司長たちは、救い主が来ることを古くから預言書などで知っていてどこでお生まれになるかも分かっていたのに自分の事とはせずに王に助言するだけでした。

自分はイエス様を救い主として信じるまでは、b.c.d.それぞれの立場を持っていたような気がします。
王様のようにわがままで自分の生活が一番でありたいし、今の生活を変えたくはないし、神様の話を聞いても話しているその人が信じればいい。自分には関係のないことだと思っていました。

東方の博士たちは、約2年間かけてイエス様を捜し求めてきました。
そして、捜し求めてきた時に神様は星を使い導いてくださりイエス様を礼拝することができました。

私たちもイエス様のことを聖書から捜し求め自分の救い主として迎え、礼拝することができればいい奈と思いました。

 - クリスマス

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
救い主お生まれの約束

1 救い主お生まれの約束11/27 イザヤ9:1?7 ミカ5:2 先週まではヨセ …

no image
救い主の誕生

22-4 救い主の誕生 2013/12/22 世界の救い主 ルカ2:1-7、ヨハ …

no image
羊飼い

羊飼いルカ2:8?20 子供キャンドルサービス こんばんは。今日は子供キャンドル …

no image
イエス様のお生まれ

3-イエス様のお生まれルカ2:1?7 2011年12月11日 先週のお話はマリヤ …

no image
マリアとヨセフ

6-2 マリアとヨセフルカ1:26?38 マタイ1:18?25 先週からアドベン …

no image
博士たちの礼拝

22-5 博士たちの礼拝 12月30日 マタイ2:1?12  アドベントの期間、 …

no image
マリヤとヨセフへのお知らせ

6-2 マリヤとヨセフへのお知らせ  12月7日 ルカ1:26-38 マタイ1: …