聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

マリヤとヨセフへのお知らせ

   

スポンサーリンク

6-2 マリヤとヨセフへのお知らせ
 12月7日 ルカ1:26-38 マタイ1:18-25
おはようございます。もうすぐクリスマスですね。先週からクリスマスのお話を聞いています。先週はどんなお話だったか覚えていますか?
ユダヤの人たちは、ずっとずっと前から救い主が現れることを待っていたことを旧約聖書から学びなした。
今週のお話は、もうすぐ救い主がお生まれになるって言うはなしです。
ところで、救い主の名前は知っていますよね?イエス様ですね。そして、お母さんの名前はマリアです。お父さんの名前は、ヨセフですね。
マリアは、もうすぐ大工のヨセフと結婚することになっていました。そんなある日、突然マリアに天使ガブリエルがやってきて話しかけました。「おめでとう。マリア。神様があなたとともにおられます。
突然天使からそんな挨拶をされたマリアはいったい何のことだろうと驚いていました。すると、もっとびっくりすることをガブリエルは告げました。「あなたは赤ちゃんを産みます。その子は、救い主です。その男の子をイエスと名づけなさいというのです」。マリアはびっくりして、「私はまだ結婚もしていないのに・・・」とガブリエルに言いました。
すると、ガブリエルは、「それは、神様の力によるのです。神様にできないことはありませんと答えました。マリアはそれを聞いて、神様の御心どおりになるように信じました。
一方、しばらくして婚約相手のヨセフさんは、マリアから、神様のお力でおなかに赤ちゃんができたことを聞きました。当時のユダヤでは、結婚前に赤ちゃんができると石打の刑になる重い罪でした。
ヨセフは、マリアをそんな目にはあわせたくなかったので、結婚を取りやめにしてマリアをそっとしておこうかと悩んでいました。すると、その晩夢のなかに天使が現れて、「ヨセフ、マリアと結婚しなさい。マリアのおなかの子供は救い主です。その子をイエスと名づけなさいと語られました。
ヨセフさんも、天使の言うことを信じ、マリアと結婚することにしました。
マリアも、ヨセフもコレからどんな困難があるかわからないような常態で神様の言うことを受け入れました。そして、神様を信じ歩みました。私たちもこのような信仰を見習うことができればいいですね。そんな神様のことを信じる正しい人が、イエス様の両親として神様は選ばれたのです。

 - クリスマス

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
東方の博士たちの礼拝

東方の博士たちの礼拝12/25  前回は羊飼いたちが天使から救い主が生まれたこと …

no image
博士たちの礼拝

22-5 博士たちの礼拝 12月30日 マタイ2:1?12  アドベントの期間、 …

no image
救い主お生まれの約束

1 救い主お生まれの約束11/27 イザヤ9:1?7 ミカ5:2 先週まではヨセ …

no image
救い主の誕生

22-4 救い主の誕生 2013/12/22 世界の救い主 ルカ2:1-7、ヨハ …

no image
羊飼い

羊飼いルカ2:8?20 子供キャンドルサービス こんばんは。今日は子供キャンドル …

no image
イエス様のお生まれ

3-イエス様のお生まれルカ2:1?7 2011年12月11日 先週のお話はマリヤ …

no image
マリアとヨセフ

6-2 マリアとヨセフルカ1:26?38 マタイ1:18?25 先週からアドベン …