聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

バベルの塔

   

スポンサーリンク

バベルの塔
 5/11 創世記11:1?9 ペンテコステ
 ノアの箱舟のお話を何回かに分けて聞いてきました。子供キャンプでのノアの箱舟のお話を聞きました。覚えていますか?
 人間を裁くため神様は、大洪水を起こしました。ノアとノアの奥さん、3人の子供と、奥さんの8人だけが、神様の言うことを聞いて、箱舟を作り、箱舟の中に入り、神様の裁き殻、救い出されまし他というお話でしたね。
今回は、その話のずっと後のお話で、ノアの子供たちや、その子供たちがいっぱい増えてからのお話です。そのころは、言葉はまだ一つだけでした。どこにいる人たちも、みんな同じ言葉を使っていましたので、誰とでも話をすることができました。
シヌアルという平地で、人々が相談を始めました。「みんなで町を作ろう。」そのころ、れんがで家をつくる方法を人々は、発明しました。
レンガを使って家を建てるうちに、もっと大きな建物を作ることにしました。「天まで届く塔を作ろう」といって、作り出しました。
みんなが協力して、大きな大きな塔ができてきました。そのうち、「こーんなにに高い塔ができたぞ。俺たちってすごいぞ。何でもできちゃうんだから」と、自分たちは、何でもできる。自分たちはすごいといい始めました。
神様は、その塔を見てどう思ったでしょうか?人間たちは、高くできてすごいと思っていますが、神様から見れば、ちっぽけなものでした。
そして、人間たちは、「自分たちはすごい。自分たちは、何でもできる」とまるで、自分が、神様にでもなったかのような考えをしているのをみて、神様は悲しまれました。
そして、言葉をばらばらにしてしまいました。すると、工事をしていた人たちは、言葉が通じないので、作業がはかどらないどころか、けんかをし始めました。そして、塔を作るどころじゃなくなり、お互いに言葉のわかる人同士が集まって、ばらばらにすむようになりました。
バベルの塔のときに言葉がばらばらにされました。今日は、何の日か知っていますか?ペンテコステという日で、聖霊なる神様が、弟子たちにおくだりになったことを記念する日です。バベルでばらばらにされた言葉が、ペンテコステによって、イエス様が神様ですということをいろいろな国の言葉であかしし始めました。
私たちは、ちょっとでもできるものがあれば、威張ってしまうようなものです。しかし、私たちのすべてを守り支えてくださっているのは、神様だということを忘れることが無いようにしたいですね。

 - 創世記, 旧約聖書

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
聖書は神様の言葉

10-1 聖書は神様の言葉12/05/27  エレミヤ書36章  先週 …

no image
バベルの塔

5-7 バベルの塔 神が創られた世界と罪 2014年9月21日 創世記11:1~ …

no image
ヨセフの兄弟

8 ヨセフの兄弟創世記42-45章 11月21日 今回はヨセフのお話の第3弾 第 …

no image
少年サムエル

25-1 少年サムエル 2016/10/02 イスラエル王国 第1サムエル記3章 …

no image
ダニエル夢を説く

ダニエル 夢を説く 聖書箇所:ダニエル2章  今回は、旧約聖書に出てくるダニエル …

no image
ヨセフ前半

ヨセフ前半創世記 前回はヤコブが神様と格闘して神様により頼むことができるようにな …

no image
カインとアベル

カインとアベル 創世記4章 初めて、神様によって、作られて人の名前を覚えています …

no image
エリヤの恐れ

13-4 エリヤの恐れ  10/25 1列王19:1?18 前回のお話を覚えてい …

no image
王様が見た夢

第7課 王様が見た夢 11/13 創世記39-41章 今週のお話は先週のお話の続 …

no image
故郷にかえるヤコブ

5-5故郷にかえるヤコブ 10/30 創世記31:1?18 32:1?33:11 …