聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

イエス様を信じた外国人

   

スポンサーリンク

20-3 イエス様を信じた外国人
9月2日 使徒10章

先週は、パウロが、イエス様を信じるという話を聞きました。今週は、12使徒の一人のペテロさんが出てくる話です。ペテロさんのことって覚えていますか?

ある日、ペテロさんは、屋上に上がり、一人で、お祈りをしていました。長い間お祈りをしていると、お昼ごろになり、おなかがぺこぺこになりました。そして、つい居眠りをしてしまいました。すると、夢を見てしまいました。なんと、空からシーツのような物の上に当時ユダヤの国では食べてはいけないと決められていた動物たちが乗っていました。
「ペテロおなかが減っているのなら、この動物たちを食べなさい」と言う神様の声がしました。ペテロは、どうしたでしょうか?ありがとうございますといって食べたでしょうか?
ペテロは、「神様この動物たちは、汚れれている動物たちで、食べてはいけないものなので食べれません」といいました。すると、神様は、「上が清めたものを清くないといってはいけない」と言う声が神様からかかりました。
同じようなことが3回繰り返しありました。

ペテロは、この夢は何の意味があるのだろうと考え込みました、すると、神様から声がかかりました。「今、あなたを迎えにきている人がいます。その人たちについていきなさい」といわれました。屋上から、降りていくと、神様のいわれたとおり、外国の人が3人迎えに来ていました。
その人たちは、コルネリオと言う人たちの使いのものでした。
コルネリオさんは、100人隊長で、外国の人ですが、神様を恐れるとてもいい人でした。「ペテロさん、あなたを探してここまできました。どうかコルネリオのうちに来てください」と使いのものは、頼みました。
当時ユダヤ人たちは、外国の人の家には行かない決まりだったので、ペテロは考えましたが、あの夢は、こういうことだったのかと分かったので、コルネリオのところへ行きました。

コルネリオは、友人を集めて待っていました。そこへペテロがきて、「ようこそペテロ先生。神様のお話を聞かせてください」と言うので、ペテロは、イエス様が私たちの罪のために十字架にかかって死んでくださったこと、そして、3日目によみがえったこと、今も生きておられること、そして、そのイエス様を救い主と信じると、私たちの罪が許されることをコルネリオたちに話しました。
コルネリオたちは、ペテロの話を聞いて、イエス様が救い主で、自分の罪を許してくださるお方だということがよくわかりました。そして、コルネリオや、っしょにいた外国の人たちもイエス様のことを信じました。

神様は、どこの国の人は救われて、どこの国の人は救われないという差はつけていません。このようにして、ユダヤ人から、外国の人に福音が伝わりました。そして、世界中にやがて伝わって世界中で、イエス様を信じるクリスチャンが与えられています。私たちもイエス様を救い主として信じ、そして、また人に伝えることができればいいですね。

 - 使徒の働き

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
助けられたペテロ

4-5 助けられたペテロ 2014年8月8日 宣教の拡大 使徒の働き12章1~1 …

no image
教会の誕生

2-教会の誕生 単元12 教会 2015年5月24日 使徒の働き2章 今日はペン …

no image
美しの門での癒やし

3-3 美しの門での癒やし (聖霊の働き) 2014/06/15 使徒の働き3章 …

no image
聖書に親しむ

15-4 聖書に親しむ 1/24  使徒16:1?5 2テモテ1:1?5 先週の …

no image
助け合う信者たち

18?4 助け合う信者たち 6/6 使徒4:32~5:11  おはようございます …

no image
アクラとプリスキラ

24-5 アクラとプリスキラ 2014/03/16 使徒の働き18:1-4、24 …

no image
アンテオケ教会

19-3 アンテオケ教会 7/18 使徒11:19?30 おはようございます。今 …

no image
信じたパウロ(パウロの回心)

18-5 信じたパウロ(パウロの回心) 福音宣教の拡大 2013/06/19 使 …