聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

主の復活を信じたトマス

   

スポンサーリンク

7?主の復活を信じたトマス
 5月14日 ヨハネ20:24?31

おはようございます。
先週のお話を覚えていますか?先週は、12デシが、集まっている部屋に復活されたイエスさまが来てくださったと言うお話でした。

 イエスさまが、12弟子の所へ現れたとき、トマスという12弟子だけいませんでした。そこで、他のでした血が、トマスに、「イエスさまがここへ来てくださって、食事をされていった」というと、トマスは、「私は、イエスさまの手の釘の阿戸をみて、脇腹のあとに触ってみない限りは、絶対に信じません」と言いました。

8日後の事です。また、弟子たちみんなが集まっているところへ、イエスさまが現れてくださいました。「平安があなたにありますように」イエスさまはそう挨拶して、みんなの真ん中にたちました。そして、トマスに、「さぁ私の釘のあとに触って、脇腹に触ってご覧なさい」と言いました。イエスさまは、トマスの言ったこと、思っていることは全てご存じで、トマスが、イエスさまのことを信じることができるように、招いてくださったのです。そして、「信じない物ではなく、信じる物になりなさい」とイエスさまはトマスに言いました。

トマスは、イエスさまに、「私の神、私の主」と言いました。

イエスさまは、トマスに、あなたは、私をみたから信じたのですか?水に信じる物は幸いですと言いました。

私たちは、イエスさまを見ることも、触ることも、今はできません。しかし、私たちには、盛暑があります。聖書によって、イエスさまがどういうお人であられるかを知ることができます。そして、イエスさまを神様と信じることができます。

実際には、見えなくてもイエスさまを信じイエスさまと共に歩む物になれればいいなと思いました。

 - 主イエスの受難と復活

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
エマオに行く途中で

5?エマオに行く途中で 4月30日 ルカ24:13?32  おはようございます。 …

no image
復活の朝

3.復活の朝 4?16 ルカ24:1?12  おはようございます。今日はなんの日 …

no image
逃げ出した兵隊たち

4?逃げ出した兵隊たち 4月23日 マタイ27:62?28:15  おはようござ …

no image
イエス様の祈り

1。イエス様の祈り 4/2 ルカ 22:1?6 39?54  おはようございます …