聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

5つのパンと2匹の魚

   

スポンサーリンク

8?4 5つのパンと2匹の魚
 3/5 ヨハネ6:1?15、32?35

 イエス様は、嵐を沈めたり、病気の人を直したり、そして、死んだ人さえも、生き返らせる事ができるお方でした。
 この前は、12人のお弟子さんに、病気の人や、困っている人を助ける力を与えて、神様のことを伝えるお仕事に遣わしたお話でした。

 イエス様が、嵐を沈めたり、病気のの人を直したりした宇和沢すぐに、大勢の人に広まりました。そして、イエス様の周りには、いつも、一杯の人が集まるようになりました。男の人だけでも、5000人もイエス様についてきていました。

 イエス様たちは、山へ登り、いつものように神様のことをお話ししていました。そんなとき、イエス様は、ピリポの信仰を貯めそうと思い言いました。「どこかから、パンを買ってきて、この人たちに食べさせようか」
ピリポは、先生、こんなに大勢の人たちの分はそろえれませんし、しかもお金もたりません。

 その時、12弟子の一人のアンデレの所に、男の子がやってきて、「これをどうぞと2匹の魚と5つのパンをさしだしてだしてくれました」

 ピリポは、こんな少量どんなること科と思っていましたが、イエス様が、グループに分かれなさいと命令がありました。

 群衆は、群れをつくりました。 イエス様は、このパンと魚を感謝した後に、かごに取り分けて、お弟子さんたちに配らせました。すると何と、5つのパンは、みんなおなか一杯になったのに、まだ余っているではありませんか?そして、それを集めると、12のかごが一杯になりました。

群集は、この奇跡を見て、イエス様を王様にしようと思いました。
イエス様は、それを知って、一人で、山へ逃げていきました。

 イエス様は、自分を命のパンですといいました。命のパンとはどんな意味でしょうかイエス様は、パンをくださいました。しかし、時間がたてば、またおなかが減って来ますよね?イエス様のくださる命のパンとはイエス様ご自身のことです。
 イエス様を信じるひとは、心に必要な栄養と、永遠に続く命が与えられます。私たちも、この命のパンをいただければいいなと思いました。

 - イエス・キリストの生涯4

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
ヤイロの娘を生き返す

8?2ヤイロの娘を生き返す 2/18 マルコ5:21?43  おはようございます …

no image
12弟子を派遣する

8?3 12弟子を派遣する 2/26 マタイ9:35?10:23  おはようござ …

no image
天の国に入れる人

8?6 天の国に入れる人 ルカ18:15?27  おはようございます。ずーっとイ …

no image
嵐を沈めるイエス様

8?1嵐を沈めるイエス様 2月12日 マルコ4:35?41  おはようございます …