聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

救い主のお生まれ

   

スポンサーリンク

4ー救い主のお生まれ
 12/18  ルカ2:1?7

 もうすぐクリスマスです。前のお話は、マリアさんに、天使から、「神様によって救い主があなたに生まれます」と知らせがあり、また、夫になる予定のヨセフさんの夢にのなかにも、天使が現れ、「マリアは、神様の子供を産みます。」と知らせがあったお話でした。今日のお話は、救い主がお生まれになるお話です。救い主は、どんなところで、生まれたのでしょうか?すてきなお城でしょうか?

 ナザレの町に、ローマの兵隊たちがいっぱいやってきました。何をしに来たのでしょうか?兵隊は、「ローマの皇帝アウグスト様からの命令だ、何人の人がいるかを数える住民登録をする。みんな先祖の住んでいた町に帰って、住民登録をしなさい。」といいました。

 ヨセフは、ヨセフの先祖、ダビデ王様がいたベツレヘムまで、許嫁のマリアと一緒に行くことになりました。ナザレから、ベツレヘムまでは、3日ぐらいの距離です。しかし、おなかの中に赤ちゃんがいるマリアには、なかなか辛い旅になったことでしょう。やっとベツレヘムに着いて、どこか泊まるところを探しました。「すいません。泊まりたいのですが」宿屋について、泊まろうとしても、住民登録の旅人が一杯で、どこも泊めてくれる宿屋はありません。すると、馬小屋なら、泊まってもいいと言ってくれる人がいました。普通なら、馬小屋なんて、家畜小屋なんて臭いし、汚いし、いやなところですが、身重のマリアとヨセフにとっては、野宿するよりもありがたかったのです。そして、馬小屋で泊めてもらうことにしました。

 すると、その晩、時が来て、マリアに赤ちゃんが生まれました。ずっと前から預言者をとおして言われて事や、天使が言った通り、男の子が生まれました。
 その男の子を、馬や牛のえさを入れる飼い葉桶に布にくるんで寝かせました。「この子の名前を、天使から言われたように、イエスと名付けよう」とヨセフは言いました。

 私たちの救い主、イエス様は、救い主なのに、立派な宮殿や、お城で生まれたのでも、多くの人の前で、祝福しながら生まれたのでもありません。それはなぜでしょうか?
 それは、お城の中では、限られたえらい人しかイエス様に会うことができないからです。私たちの救い主のイエス様は、神様なのに、どんな人にでも、あえる、馬小屋で、生まれてくださったことを覚えることができればと思います。

 - 救い主の誕生

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
救い主を訪ねた羊飼い

5?救い主を訪ねた羊飼い 12/23,25  23日こどもキャンドルサービスのお …

no image
救い主の誕生を

1?救い主の誕生を 11/27 イザヤ9:6?7 ミカ5:2  先週までは、ずっ …

no image
ヨセフへのお告げ

3?ヨセフへのお告げ 12/11 マタイ1:18?25  先週のお話を覚えていま …