聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

神様の約束

   

スポンサーリンク

5?3 神様の約束
 10/16 創世記15:1-6 17:1-8 18:1-15

  アブラハムのお話を聞くのは、これで、3回目です。
 アブラハムは、神様の声を聞き、75歳の時に、自分が育った土地を神様からの命令を受け、旅に出ることになりました。
 そして、神様は、アブラハムにどんな約策をしたのでしょうか?覚えていますか?
 神様は、アブラハムに、カナンの土地をあなたとあなたの子孫に与え、地のちりのように。数え切れないほどの子孫を増やすと約束してくださいました。

 ある時、アブラハムは、神様に、聞いてみました。アブラハムと、サラの間には、子供がいませんでしたので、「神様は、私を祝福し、地面の砂のように、かそえきれなくなるほど、子孫を与えるとおっしゃいましたが、私には、子供がいません。私の跡継ぎは、私の奴隷がなるのですか?」
 神様は、お答えになりました。
 「あなたの跡継ぎは、あなたの子供がなるのです。外に出て空の★を見てみなさい。あの多くの空の★のように、あなたの子供や孫が増えます」と神様は、アブラハムに約束してくださいました。その神様の約束をアブラハムは信じたので、神様は喜びました。

 アブラハムが、神様から約束を受けてからもなかなか子供はできませんでした。ついにアブラハムは、99才。奥さんのサラは、89才になってしまいました。普通に考えれば、こんなおじいさんとおばあさんに子供ができることはありません。
 このときも、神様が、アブラハムに現れて、「私は全能の神である。あなたの子孫をおびただしく増やします。その中から王様が現れます」とアブラハムに語り、励ましてくださいました。

 ある日、アブラハムの家の前を、3人の旅人が通りかかりました。当時、旅人をもてなすことは、普通でした。アブラハムは、3人の旅人に「どうか、庭の木下で、休んでいってください」。と声をかけました。アブラハムは、肉や、牛乳、パンなどで、お客様をもてなしました。
 すると、旅人の一人が、「来年の今頃、サラに、子供ができますよ」と言いました。アブラハムも、サラもびっくりしました。サラは、心の中で、「もうこんなおばあさんが、赤ちゃんを産むなんて信じられない。」と心の中で、笑いました。
 旅人は、サラに、「なぜ、笑ったのか?神様にできないことはないのに」と言いました。心の中で、笑っただけなのに、こんな事を言われたサラは怖くなって、「笑ってません」と答えました。

 その旅人は、神様と、天使だったのです。
 神様は、アブラハムが、神様の約束を信じ続けられるように、何度も何度も、現れてくださり、語ってくださいました。時には、サラのように、一般常識で、「いくら何でも無理でしょ」って思うときがあるかもしれませんが、神様の約束は、絶対になると信じ続ける事ができればと思います。

 - アブラハムの信仰

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Message

  関連記事

no image
約束の子の誕生

5?6 約束の子の誕生 11/6 創世記21:1?8 ローマ4:18?22  何 …

no image
神様の裁きと救い

5?5 神様の裁きと救い 10/30 創世記19:1-29  先週のお話を覚えて …

no image
ソドムのために祈る

5?4 ソドムのために祈る 10/23 創世記18:16-33  アブラハムのお …

no image
神様に従ったアブラハム

5?7 神様に従ったアブラハム 11/13  創世記22:1?19 ヘブル11: …

no image
神様の命令

5?1神様の命令 10/2 創世記11:27-12:8  先週までは、ずーっと、 …