聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

罪を赦された女の人

   

スポンサーリンク

5?罪を赦された女の人
 9/25 ルカ7:36-50

 前回の話を覚えていますか?ローマの兵隊の百人隊長のしもべが、病気になり、優しい百人隊長は、イエス様の言葉の力を信じ、召使いを治してくださいと、イエス様に頼んだお話で、イエス様は、その百人隊長の信仰を褒めたというお話でした。

 今日のお話は、イエス様がある人の所に食事にまねかれたときのお話です。
 シモンという、パリサイ人の所へ、イエス様が招待されました。イエス様を信じてはいませんでした。だから、あまり丁寧にお出迎えをしませんでした。その当時のユダヤの風習で、家に上がるとき、お客さんの足を洗う風習がありました。しかし、その水すら、用意してありませんでした。

 お食事が始まったとき、ある女の人が、その部屋にやってきました。
 その女の人は、何か悪いことをいっぱいしていた女の人でした。その女の人が、イエス様に近づき、泣きながら、イエス様の足を、自分の涙で洗って、自分の紙で、イエス様の足を拭いていました。そして、とても良いにおいのする高価な油をイエス様に塗っていました。

 それを見ていた、パリサイ人のシモンは、心の中で、「イエス様が、本当に予言者なら、この女が、どんなに悪い女かわかるはずだ」と心で思っていました。それを見抜いていたイエス様は、「シモン、あなたにお話があります。もし、50デナリ借りた人と、500デナリ借りていた人がいるとします。その二人ともが、借金が返せなくなったので、貸していた人は、二人ともの借金を赦してあげました。このどちらの人が、お金を貸してくれた人を好きになると思いますか?」と聞きました。
 シモンは、「よけいに借りていた人が、一杯好きになります」と答えました。

 イエス様は、女の人の方を向いて、「この人は、一杯、罪が赦されているのを知っていて、喜んでいるので、一杯赦されている文、一杯私のことを好きになって、このようなことをしてくれたのです。あなたの罪は、赦されている。」と言いました。

 それを聞いた一緒にいた人たちは、「罪を赦すなんて、神様しかできないことを言うなんて!!この人はいったい何者?」と思いました。

 もう一度、イエス様は、女の人に、「あなたの信仰が、あなたを救ったのです。安心して行きなさい。」といわれました。

 私たちも、知らず知らずのうちに、たくさん神様の前に悪いことをしています。また、それが悪いことと知っていても、弱いから、誘惑を受けて、悪いことをしてしまうこともありますが、今日出てきた女の人のように、罪を赦してくださるイエス様を一杯好きになれたらいいなと思いました。

 - イエス・キリストの生涯3

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
褒められた隊長

4?褒められた隊長 9/18  ルカ7:1-10  これまで日曜学校で …

no image
安息日

2ー安息日 9/2 ルカ6:1?11   前に天地創造のお話を聞きまし …

no image
12人の弟子たち

3?12人の弟子たち 9/11 ルカ6:12-19 マタイ10:1-4&nbsp …