聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

12人の弟子たち

   

スポンサーリンク

3?12人の弟子たち
 9/11 ルカ6:12-19 マタイ10:1-4  マルコ3:13-19

 みんなが歌っている賛美の中に、12人の弟子たちの名前が書いてある賛美があります。何人の名前を言えるでしょうか?今日は、この12人の弟子たちのお話です。

 いつもイエス様のそばには、イエス様からお話を聞こうと、たくさんの人がいたので、ある時、イエス様は、夜になって、一人で神様とお話をするために、山に登られました。そのお祈りは、一晩中続きました。
 いったい何を神様にお祈りしているのでしょうか?
 イエス様は、イエス様と、ご飯も、ねるのもともに過ごす、特別な12人の弟子たちが欲しいと考えていました。それを誰にするかを祈り、神様とお話ししていたのです。
 イエス様は、どんな人たちを特別に近くにいる弟子たちに選んだのでしょうか?頭がいい人でしょうか?それとも、立派な家に生まれた人でしょうか?

 イエス様は、朝になって、山を下りていき、大勢の弟子たちを呼び集めました。そして、12人の名前を呼びました。この12人の弟子たちを「使徒」と言います。
 ペテロ、アンデレ、ヤコブ、ヨハネ、、
 ピリポ、トマス、マタイ、ヤコブ、タダイ、
 バルトロマイ、シモン、ユダ

 この人たちは、ペテロ、アンデレ、ヤコブ、ヨハネは、漁師をしていました。ヤコブとヨハネは、雷の子とイエス様からあだ名を付けられるほど、あまりにも起こりっぽかった人でした。
 マタイは、少し前にお話を聞いたように、取税人という、町の人たちから嫌われる仕事をしていた人でした。
 トマスは、復活したイエス様にお会いしたときに、傷口をさわって確かめるまでは、復活したなんて信じないと疑った、疑い深い人です。
 この12人の弟子たちは、生まれも、育ちも、すごい人たちではありませんでした。使徒になってからも、けんかばかりするような人たちでした。
 しかし、こんな欠点ばかりある人たちでも、イエス様の方から、「使徒」という特別に近くにいる弟子に呼ばれ、そして、イエス様と共に生活し、イエス様とともに、神様のことをのべ伝える働きをしました。
 そして、イエス様が、十字架につけられたあとも、この人たちが、イエス様が神様ですと大勢の人たちに伝え、教会ができました。

 そして、教会が、教会を産み、時代的にも、地域も違う私たちも、イエス様が救い主ということを知ることができました。
 立派な人じゃなくても、欠点ばかりある人でも、イエス様の方から、弟子にしてくださいます。救い主のことを人に伝えることができます。私たちも、周りの人たちに、イエス様が救い主であることをお伝えできればと思いました。

 - イエス・キリストの生涯3

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
安息日

2ー安息日 9/2 ルカ6:1?11   前に天地創造のお話を聞きまし …

no image
褒められた隊長

4?褒められた隊長 9/18  ルカ7:1-10  これまで日曜学校で …

no image
罪を赦された女の人

5?罪を赦された女の人 9/25 ルカ7:36-50  前回の話を覚えていますか …