聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

お言葉の力

   

スポンサーリンク

5?お言葉の力
 7/31 ルカ4:31?44

 先週のお話を覚えていますか?
 先回は、イエス様の育った町、ナザレにイエス様が帰って、聖書のイザヤ書から、救い主が神様によって、使わされるという言葉を読みました。そして、その救い主とは、ご自分であることを話しましたが、ナザレの人たちは、信じず、怒って、崖からイエス様を突き落とそうとしたお話でした。

 今回のお話は、カペナウムという町に行ったときのお話です。
 イエス様は、ナザレから離れて、カペナウムという町にやってきました。そして、神様を礼拝する曜日ごとに、神様のことを町の人たちに教えました。町の人たちは、イエス様のお話を聞いて、そのほかの聖書のことを教える人たちとは違い、言葉に力(権威)があることに驚きました。

 ある時、いつものように、イエス様が会堂で、神様のことをカペナウムの町の人たちに教えていると、悪い霊にとりつかれた人が、大声で叫んだり暴れたりしていました。イエス様は、この霊を、「この人から出て行きなさい」と叱りつけました。
 この悪例は、イエス様のことをどなたか知っていて、「あなたは神様から使わされた聖なる人です」と言って、イエス様をおそれ、イエス様の言葉に従って、その人から出て行きました。
 町の人たちは、悪例をも、従わせるこのイエス様の力のある言葉に驚き、噂は、町中に広まりました。

 会堂を出て、イエス様は、シモン・ペテロの家に行きました。すると、ペテロの奥さんのお母さんが高い熱で苦しんでいました。お見舞いに来た人たちは、イエス様に治してくださいとお願いしました。イエス様は、熱をしかりました。すると、あんなに苦しんでいたペテロのお母さんがは、熱が下がり、元気になって、イエス様や、お見舞いに来てくれた人たちをもてなし始めました。

 言葉で熱をしかり、熱が下がるなんてすごいですね。別の聖書の箇所では、船に乗っているときに、嵐をしかり、嵐が静まったと言うところもあります。イエス様のお言葉は、悪霊や、病気そして、自然現象にも力がおよぶのです。

 夕方になると、そのイエス様の言葉のお力を聞いて、多くの人たちが、病人をイエス様の所へ連れてきました。そして、イエス様は、一人一人手を置いて治してあげました。

 朝になって、イエス様は、静かなところで、お祈りをして、神様とお話をしていました。そこにもカペナウムの町の人たちがやってきて、「イエス様、ずっとこの町にいてください」と頼みました。町の人たちは、何でもできるイエス様をずっと粉町でいて、自分たちを助けてほしいと願いました。

 しかし、イエス様は、「ほかの町にも行って、神様のことを伝えなければなりません。そのために私は、神様から使わされたのです」と言い、ユダヤのいろいろなところで、神様のことを伝える旅にでました。

 私たちは、悪霊や、病気、自然現象なども従うような力あるイエス様の言葉を本当に力のあるものと信じ、そして受け入れているでしょうか?聖書に書いてあること、イエス様の語られたこと一つ一つを本当に力のある言葉と信じ、受け入れることができればと思いました。
 

 - イエス・キリストの生涯2

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
歩いて帰った中風の人

7?歩いて帰った中風の人 8/14 ルカ5:16?27  カペナウムと言う町を覚 …

no image
イエス様に呼ばれたマタイ

8?イエス様に呼ばれたマタイ 8/21 ルカ527?32  先回のお話を覚えてい …

no image
お言葉を信じた役人

3?お言葉を信じた役人 7/17 ヨハネ4:46?54  皆さんは、けがをしたり …

no image
ナザレの会堂で

4?ナザレの会堂で 7/24 ルカ4:14-30 マルコ6:1-6  前回のお話 …

no image
サマリア人の女の人

2-サマリア人の女の人 第2課 7/10 ヨハネ4:3?42  先回は、ニコデモ …