聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

最初の奇跡

   

スポンサーリンク

最初の奇跡
聖書箇所:ヨハネ2:1?11
 イエス様の最初の奇跡のお話です。
 イエス様が住んでいた、ナザレの村から、少し離れたところに、カナという町がありました。その町に、結婚式があり、イエス様や、イエス様のお弟子さんたちも、招待されていて、イエス様や、お弟子さんたちは、ごちそうを食べたり、ワインを飲んだりしていました。
 イエス様のお母さんのマリアは、結婚式のお手伝いをして、台所で、一生懸命働いていました。ところが、困ったことが起こりました。お祝いが何日も何日も続いたので、ワインが無くなってしまいました。マリアは、イエス様なら何とかしてくれると思い、そっと、「ぶどう酒が無くなりました。」といいました。しかし、イエス様は、「私の時は、まだ来ていません。」と言いました。マリアは何のことかさっぱりわかりまっせんでした。けれどもマリアは、お手伝いの人たちに、「このイエスの言うことは、何でも聞いてください」と言いました。
 家の中には、大きな水瓶が6つおいてありました。イエス様は、お手伝いの人に、「水瓶に水を一杯にしなさい」と言いました。手伝いの人は、何がなんだかわかりませんでしたが、イエス様に言われたとおり水瓶に水をくみ始めました。
 そして、6つの水瓶が一杯になると、イエス様は、「水瓶から、くんで、宴会の世話係の人に持って行きなさい」と言いました。お手伝いさんは、イエス様の言われたとおり、世話係の人に持って行きました。そして、世話係の人は、それを飲むと、花婿さんを呼んでこういいまいsた。「ふつうは、良いぶどう酒を最初に出して、みんなが酔っぱらって、わからなくなった頃に、悪い物を出す物だけど、あなたは、こんなに良いぶどう酒を取っておいたのですね。」
 水瓶にくんだ、水が、何とぶどう酒に変っていたのです。
 ぶどう酒を飲んだ世話係の人も、ほめられた花婿さんも、そのぶどう酒がどこから来たのかは知りませんでした。
 イエス様なら、助けてくださると思い、たのみ続けたマリアや、例えどんな意味があることかわからなくても、イエス様の言うことを聞き、従ったお手伝いさんや、イエス様のそばでいつもイエス様をみていたお弟子さんたちだけが、このすばらしいイエス様の力をみることができたのです。
 私たちも、今は、どんな意味があるのかわからなくても、イエス様の言葉に従っていくという姿勢がとれればと思いました。

 - イエス・キリストの生涯

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
少年イエス

少年イエス 聖書箇所:ルカ2:39?52 クリスマスの時には、イエス様が生まれる …

no image
悪霊の誘惑(荒野の誘惑)

悪霊の誘惑(荒野の誘惑) 聖書箇所:ルカ4:1?13  罪のないイエス様が、私達 …

no image
宮きよめ

宮きよめ 聖書箇所:ヨハネ2:13?16  イエス様が神殿に行ったときのお話をし …

no image
バプテスマを受ける

バプテスマを受ける 聖書箇所:マタイ3:1?6、13?17 教会でするバプテスマ …