聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

少年イエス

   

スポンサーリンク

少年イエス
聖書箇所:ルカ2:39?52
クリスマスの時には、イエス様が生まれるときのお話をよく聞きます。また、イエス様が大人になって、色々な奇跡を行ったり、たとえ話をするお話もよく聞きます。
 イエス様の子供時代はどんなのだったと思いますか?経はそのお話です。
 イエス様の家族は、ナザレと言うところにすんでいました。12才になった時、エルサレムまで、旅をすることになりました。
 エルサレムでは、大きな祭りがあり、神様を信じる人たちが大勢神殿に集まります。その祭りに、ヨセフや、マリア、そして、イエス様や、ナザレの町の人々もいくことになりました。
 祭りが終わって、ナザレの人たちが家に帰る旅に出ました。ところが、しばらくすると、マリアと、ヨセフは、一緒にいるはずのイエス様がどこにも見あたらないことに気付き、迷子になったのではと、イエス様を捜し回りました。とうとう、二人は、エルサレムの神殿まで戻ってきてしまいました。
 マリアとヨセフは、3日も探し回って、やっとイエス様を見つけました。なんと、イエス様は、、エルサレムの神殿で、先生達や、学者達に、神様のことを聞いたり、質問したりしていました。
 神殿にいた先生達は、聖書のことや、神様のことなど、イエス様が話すこと、質問すること全てが、神様のことをよく知っていて話しているようなので、びっくりしていました。
 「お父さんも、お母さんも、こんなに心配して、探し回ったのよ。どうしてここにいるの?」とマリアは、イエス様に、言いました。
 するとイエス様は、「私は、お父さんの家にいたのです。どうしてわからなかったのですか?」と言いましたが、マリアは、なんのことを言っているのかよくわかりませんでした。でも、マリアは、このことをしっかりと覚えておきました。
 イエス様は、神様を礼拝する、神殿を「お父さんの家」と言いました。イエス様は、自分が、天のお父さんである神様の子供であることを知っていました。しかし、お母さんや、お父さんには、なんのことを言っているのかわからないくらいに、普通な子供時代を過ごしていました。
 そして、ナザレに帰ってからも、お父さんの仕事を手伝ったり、聖書の勉強をしたり、お母さんのお手伝いをしたり、ごくごく具通の子供時代を過ごしました。そして、人からも、神様からも愛されて、成長していきました。
 私達も、神様からも、また、周りからも、愛される生き方ができればと思いました。

 - イエス・キリストの生涯

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
最初の奇跡

最初の奇跡 聖書箇所:ヨハネ2:1?11  イエス様の最初の奇跡のお話です。   …

no image
宮きよめ

宮きよめ 聖書箇所:ヨハネ2:13?16  イエス様が神殿に行ったときのお話をし …

no image
バプテスマを受ける

バプテスマを受ける 聖書箇所:マタイ3:1?6、13?17 教会でするバプテスマ …

no image
悪霊の誘惑(荒野の誘惑)

悪霊の誘惑(荒野の誘惑) 聖書箇所:ルカ4:1?13  罪のないイエス様が、私達 …