聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

約束の虹

   

スポンサーリンク

約束の虹
聖書箇所:創世記8:1ー9:17
 初めての人間「アダムとエバ」が神様によって作られました。しかし、人間は罪を犯してしまい、人間は、神様のことを忘れて、好き勝手に暮らすようになっていました。そんな中、ノアという正しい人がいました。
 神様は「大洪水を起こして、この世界を滅ぼすので、箱船を造りなさい。そして、家族と、動物の雄と雌をその箱船に乗せなさい」とノアに言いました。ノアは、神様の言われたとおりにしました。そして、大洪水が起き、神様を信じたノアとその家族が守られたというお話でした。
 何日も何日も、雨が降り続けました、そして、丘も、高い山も、すべてが、水に沈んでしましました。そんな中でも、神様は、ノアと、船の動物たちが危険な目に遭わないように守ってくださいました。
 やがて、雨が止んで、だんだん水が少なくなってきて、山に船が引っかかりました。
 ノアは、窓を開けて、カラスを放しました。カラスは、まだ、巣を作れるようなところがないので出たり入ったりするだけでした。
 しばらくして、今度は、鳩を放しました。しかし、鳩も、すぐに、戻ってきました。 また、しばらくして、もう一度、鳩を放しました。すると、今度は、オリーブの葉っぱをくわえて戻ってきました。
 それを見て、外に、葉っぱが生えてきたことを尻、大喜びでした。
 また、一週間たった頃、もう一度鳩を放しました。今度は、鳩は戻ってはきませんでした。
 ノアは、船の屋根を取って、外を見ると、地面が乾いているのがわかりました。
 神様は、「あなたの家族と一緒に箱船の外に出なさい」とノアに告げました。ノアは家族や動物と一緒に外に出ました。
 ノアは、箱船から出て、まず最初に、祭壇を造り、神様に、「今まで守ってくださって、ありがとうございました」と礼拝しました。神様は、それをとても喜びました。
 すると神様は言いました。「もう二度と、洪水で、人を滅ぼすことはしないと、あなたとあなたの子孫に、約束する。その約束の印に虹をたてる。」
 ノア達は、空に、きれいな虹がかかるのを見て、神様に感謝しました。
 私達、人間は、いつも心に、悪いことを考えたり、悪いことをしてしまったりしてしまいます。そんな人間を、神様は、救おうとしてくださいました。それは、私達のために十字架にかかってくださったイエス様を信じることです。
 ノアの時代には、ノアは、神様の言うことを信じて救われました。私達は、イエス様を信じて救われるのです。賛美にあるように、「イエス様信じて箱船にはいること」ができるといいなと思いました。 

 - 神様が創造された世界

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
アダムとエバ 人間の創造

アダムとエバ 人間の創造 聖書箇所:創世記1:26-2:26    この世界は、 …

no image
ノアと方舟

ノアと方舟 聖書箇所:創世記6,7章  神様がアダムとエバをお造りになって、しば …

no image
バベルの塔

バベルの塔 聖書箇所:創世記11:1-9  大洪水が起き、神様からの命令を信じし …