聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

ノアと方舟

   

スポンサーリンク

ノアと方舟
聖書箇所:創世記6,7章
 神様がアダムとエバをお造りになって、しばらくすると、人間はたくさん増えました。しかし、その人間たちは、神様のことを忘れ、嘘をついたり、喧嘩をしたり、ほかの神様を作ったり、神様が喜ばない、悪いことばかりしていました。 そんな中でも、いつも神様のことを考えて、神様に従っている。ノアという人とう人がいました。
 神様は、正しいお方なので、悪いことをそのままにしておくことができませんでした。そして神様はあることを決めました。
 神様は、ノアに、「今から、この地球に、大洪水を起こします。そして、生きている物全てを滅ぼします。だから、大きな船を造りなさい。そして、ノアと、その家族、そして、動物たちを雄と雌1匹ずつ入れなさい。」と、ノアに言いました。
 ノアは、神様が教えてくださったとおり、箱船を造り始めました。作り方は全て神様が箱船に部屋を作ることや、箱船の長さ、一番上に窓をつけることなどを教えてくださいました。ノアは、神様の命令を一つ一つ守り、箱船を造っていました。
 町のみんなは、「ノアさん、何を作っているんだい?え?神様から教えられた?大洪水がある?船だって?バカじゃないの?洪水なんかあるはずがないでしょ」などと、神様のことばを信じるノアをバカにしていましたが、ノアは、「神様の言うことは何でもその通りになりますよ」と、一生懸命箱船を造り続けました。
 とうとう、箱船が完成しました。その時神様は、「ノア、箱船に入りなさい」と言いました。ノアと家族、そして、動物たちはみんなは小舟に乗り込みました。
 やがて雨が降り始めました。雨は40日も降り続けて、やがて、町も、高い山も全部が、雨で沈み、辺り一面は海のようになりました。
 神様のことを信じ、神様の言うことに従った、ノアは、箱船で神様が守ってくださいました。
 神様は、神様に信じて従う人を守ってくださいます。ノアは、箱船によって、神様の洪水から、守られました。私たちは、イエス様を信じ、歩むときに、神様は、私たちを守ってくださるのです。他の人が何を言おうとも、神様を信じ歩み続けることができれば良いなと思いました。

 - 神様が創造された世界

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
バベルの塔

バベルの塔 聖書箇所:創世記11:1-9  大洪水が起き、神様からの命令を信じし …

no image
約束の虹

約束の虹 聖書箇所:創世記8:1ー9:17  初めての人間「アダムとエバ」が神様 …

no image
アダムとエバ 人間の創造

アダムとエバ 人間の創造 聖書箇所:創世記1:26-2:26    この世界は、 …