聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

逮捕されたパウロ

   

スポンサーリンク

逮捕されたパウロ
聖書箇所:使徒21、22
 パウロは、色々なところへ行っったり、色々なところへ手紙を出したりして、イエス様のことを伝えました。今日は、パウロが捕まってしまうお話です。
 パウロは、イエス様のことを伝える旅行家を追えて、エルサレムに行くことにしました。途中の町でももうこれが最後かもしれないと思い、イエス様のことを一生懸命話しました。
 目的地に近づくとパウロが危険な目に遭うのをおそれて、「エルサレムには行かないでください」という人がいましたが、パウロは、「イエス様のことを伝えるためなら、どんな目にあってもかまいません。死ぬことをも覚悟しています」と答えて、旅を続けました。
 パウロはエルサレムに着くと、教会に行き、伝道旅行で、神様がしてくださった「多くの外国の人が神様を信じたこと」を話しました。そして、神様をみんなで賛美しました。しかし、ユダヤ人の中には、パウロの教えに反対する人たちもいました。パウロに反対する人は、町中の人に、「皆さん、このパウロは、悪い人で、間違った教えを教えています。」と騒ぎました。それを聞いて、町中の人は大騒ぎになりました。
 そして、パウロは神殿の外に引きずり出され、一杯たたかれました。
 すると、そこに、ローマの兵隊が、騒ぎを聞きつけて駆けつけてきました。危ないところで、パウロはローマの兵隊にかくまってもらえ、殺されずにすみました。
 パウロは、もう一度、イエス様が救い主であることを話すチャンスだと思い、ローマの兵隊の隊長さんに頼み、パウロを襲った人たちに向かって話し始めました。
 「私はユダヤ人で、神様のことを勉強をしていて、熱心に神様のことを信じていました。そして、イエス様を信じる人たちにひどいことをしていました。ところが、強い光に打たれて、パウロなぜ私をひどい目に遭わせるのですか?私はあなたがひどい目に遭わせているイエスです」という声を聞きました。その時、私は、イエス様が救い主であることがわかりました。そして、私を外国の人に伝えるものとしてくださったのです。」
 このパウロの話を聞き、ますます、怒り始め、「パウロを殺せ」と叫びました。そして、パウロは裁判を受けることになりました。
 私たちは、生きていく中で、まだイエス様を救い主だと信じていない人たちから、意地悪をされたり、嫌われたり、ひどいことをされたりすることがあります。そして私たちは、人から、嫌われたり、意地悪をされるのを怖がります。しかし、どのようなときでも、神様は、いつもそばにいてくださり、私たちを守ってくださいます。そんな神様のことを、パウロのように、目の前にいる人に怖がることなく、伝えることができればよいと思いました。

 - 初代教会 パウロ

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
パウロの裁判

パウロの裁判 聖書箇所:使徒23?26章  パウロがエルサレムで、「イエス様は、 …

no image
ローマのたび

ローマの旅 聖書箇所:使徒 27:1?28:10  パウロが、イエス様のお話をし …

no image
最後まで従ったパウロ

最後まで従ったパウロ 聖書箇所:ピリピ3:5?14 ?テモテ4章  パウロは若い …

no image
パウロの告別説教

パウロの告別説教 聖書箇所:使徒20章    今回は、色々なところを旅をして、イ …

no image
オネシモ

オネシモ 聖書箇所:ピレモンへの手紙  今回は、ピレモンという人に手紙を出したお …

no image
パウロの手紙

パウロの手紙 聖書箇所:ローマ1:1?15 ?コリ1:1?9  パウロさんが、色 …

no image
ローマに着いたパウロ

ローマに着いたパウロ 聖書箇所:使徒 28:11?31  パウロが、ローマに行く …