聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

よきサマリヤ人のたとえ

   

スポンサーリンク

よきサマリヤ人のたとえ
聖書箇所:ルカ 10:25?37
 さて、今日は、イエス様がしてくださった旅人のたとえのお話です。
 エルサレムという町からエリコという町に行くたび人がいました。
 すると、強盗が現れて、その旅人の着ている着物や持っていた荷物を奪い取り、そして、「えぃ!」「やぁ!」と殴ったり、蹴ったり、旅人をひどい目にあわせました。旅人は死んでしまいそうなくらい大けがをしてしまい動けなくなりました。
 そして、誰か助けを呼ぼうと待っていると、そこに、ちょうど、通りすがりの祭司がやってきました。祭司は、神様に遣えている人です。旅人は「きっと祭司さんなら助けてくれる」と思ったに違いありません。
 しかし祭司は、旅人を避けるように反対側の道を行ってしまいまい、がっかりして、まただれかたすけてくれる人がいないかまっていました。
 すると、今度はレビ人がやってきました。レビ人は、神様のことを教える先生です。「よかったぁ。今度こそ助けてくれるかもしれない」旅人はそう思い、助けてくれるのを待っていました。しかし、さっきの祭司と同じように、さけるように、道の反対側を行ってしまいました。
 もう助けてくれる人が来てくれないかもしれない。旅人はそう思ってつらい気持ちでいると、そこに人がやってきました。よく見るとサマリヤ人でした。この旅人の国の人たちと、サマリヤの人たちは非常に仲の悪い国でした。旅人は、「この人には助けてもらえないな」と思っていましたが、サマリヤの人は彼を見てとてもかわいそうに思って、傷口に薬を塗ってあげて、サマリヤ人がつれていたロバに乗せて、宿屋に連れて行ってあげ介抱してあげました。そして、宿屋の主人にも、お金を出して、この人を介抱してください。足りない分は後で払いますからといって、旅人を親切にしまた。
 このお話をした後で、イエス様は、あなたの隣人をあなた自身のように愛しなさいといいました。
 私たちは、自分に親切にしてくれる人や、自分のことを好きになってくれる人には、
自分も親切にしてあげることができるし、しやすいですよね。しかし、反対に、自分と仲の悪い人や、自分を嫌っている人、意地悪をする人に対しては、なかなか親切にしてあげようという思いになれないですね。
 しかし、このたとえのサマリヤ人のように、例え仲が悪くても、困っている人がいれば、親切にしてあげることができればいいですね。それが神様が教えてくださった愛の姿だと思います。
 

 - イエス様のたとえ

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
5つのパンと2匹の魚

5つのパンと2匹の魚 聖書箇所: ヨハネ 6:1   マタイ 14:12 マルコ …

no image
子供を招くイエス様

子供を招くイエス様 聖書箇所:マルコ10:13-16 イエス様に、触って祝福をし …

no image
種まきのたとえ2

たねまきのたとえ2 マタイによる福音書13章24-43節 イエス様がしてくださっ …

no image
たねまきのたとえ

たねまきのたとえ 聖書箇所:マタイ 13:1?23  イエス様がしてくださった「 …

no image
ゆるされたものとしてゆるす

許されたものとして赦す 聖書箇所:マタイ18 21:35  ある時、ペテロさんが …

no image
帰ってきた息子

12-3 帰ってきた息子(放蕩息子)  9/13 ルカ15:11?24 先週のお …

no image
ぶどう園の労働者のたとえ

ぶどう園の労働者のたとえ  今回は、ぶどう園で働く人たちのたとえをイエス様がして …