聖書解説・教会日曜学校教師の聖書入門

バプテストというキリスト教の日曜学校(SS)の教師が聖書(旧約聖書・新約聖書)のお話を分かりやすく解説。日曜学校礼拝のお話の足跡

*

ゆるされたものとしてゆるす

   

スポンサーリンク

許されたものとして赦す
聖書箇所:マタイ18 21:35
 ある時、ペテロさんが、イエス様に、「イエスさま、友人が悪いことをしたとき、何度まで、友人を許してあげればよいですか?」と聞きました。するとイエス様が7の70倍までです(何度でも許してあげなさい)と答えました。そして、王様と家来のたとえ話をしてくださいました。
 今日は、イエス様がしてくださった、王様と家来の出てくるお話です。
 王様は、家来にいっぱいいっぱい一生かかっても返せないような額を貸していました。そして、王様の決めた返す日になりました。
 しかし、その返済の日になっても家来は返せませんでした。
 すると王様は、「あなたも、奥さんも、家も、財産も売って返しなさい」というと、家来は、王様の前に、土下座して、「王様、お願いです、もう少し待ってください、きっと返します」といいました。
 王様はかわいそうに思って、家来を許してあげて、借金を返さなくていいといってくださいました。
 そして、王様のところから出て行きました。すると、家来の友人がいました。家来は、この友人に、少しだけ、お金を貸していました。家来は、友人の首を捕まえて、「金を返せや」といいました。すると、友人は、土下座して、家来に「もうちょっと待ってください」といいましたが、家来は、許さず、友人を牢屋の中に入れてしまいました。
その一部始終を見ていた仲間が、王様に話しました。
 それを聞いて、王様は怒って、「おまえが、あれほど一生懸命に頼むから許してやったのに、私が、あなたを哀れんだように、友人にも、哀れんでやらなきゃだめじゃないか」といい、牢屋に入れました。
 このお話の、王様とは、神様のことです。私たちは、普段神様のことを忘れて神様に感謝することなく、いっぱい悪いことを考えたり、したり、友人に意地悪なことをしたりしてしまいます。
 そして、本当なら、神様の決めた日に、その悪いことを償ない、罰を受けなければなりません。しかし、神様の目からすると、とっても許せないことなのです。
 私たちの悪い心や、意地悪をしたことは、神様であるイエス様が私たちの代わりに罰を受けて、十字架にかかってくださったのです。そして、私たちは、悪いことを許されて、神様の前に出ることができるのです。
 友人が悪いことをしたら、なかなか許してあげるという気持ちになれないかもしれないけれど、私たちも、神様から許されていることをおぼえて、友人たちを許してあげれる用にお祈りしましょう。
 
 

 - イエス様のたとえ

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
帰ってきた息子

12-3 帰ってきた息子(放蕩息子)  9/13 ルカ15:11?24 先週のお …

no image
たねまきのたとえ

たねまきのたとえ 聖書箇所:マタイ 13:1?23  イエス様がしてくださった「 …

no image
ぶどう園の労働者のたとえ

ぶどう園の労働者のたとえ  今回は、ぶどう園で働く人たちのたとえをイエス様がして …

no image
種まきのたとえ2

たねまきのたとえ2 マタイによる福音書13章24-43節 イエス様がしてくださっ …

no image
子供を招くイエス様

子供を招くイエス様 聖書箇所:マルコ10:13-16 イエス様に、触って祝福をし …

no image
よきサマリヤ人のたとえ

よきサマリヤ人のたとえ 聖書箇所:ルカ 10:25?37  さて、今日は、イエス …

no image
5つのパンと2匹の魚

5つのパンと2匹の魚 聖書箇所: ヨハネ 6:1   マタイ 14:12 マルコ …